はぐれ日記 印象派

音楽と空気と動き、あと雑記。妄執にとらわれて | https://twitter.com/nakano_in

水を弾く人

f:id:nakanonakanaka:20170726011553j:image

ある時、水槽の割れ目から
ピシッと鋭い音がした。あっ、割れる、と思った。
青色や赤色の小さな魚が入った水の塊は、薄い緑色の藻に囲まれ、さらにその周りを薄い、薄いガラス面で覆われていた。その境界線が今、まさに壊れようとしていた。
無意識に手を伸ばし、音の元に近づけ、閉じようとする。
パキッとさらに音がして、ガラス面の一部、壁面の真ん中が崩れようとした時に。
伸ばした手の先、さらにまっすぐに伸びた指先が、崩れる瞬間のガラス面に触れそうになる。
「触れたら切れるかもしれない」というイメージが頭の中に広がる。青色、赤色、さらに赤色。
指先がガラス面に触れる前に止まる。その距離わずかに1cm。透明なガラスの破片がいくつか、剥がれて落ちる。
あぁ、いけない、こぼれてしまう。
そう思った時、不思議なことが起こった。水がこぼれない。
ガラス面は、確かに割れている。縦横数cmの平行四辺形の形をした穴が、白く鋭い切り口の断面に囲まれて開いている。
本来その穴から外に飛び出すはずの水は、断面の内側でぬるりとうねる。
わたしはしばらく、伸ばした腕の先の、手の先の指を動かすことができずにいた。
割れた水槽からこぼれない水を、じっと見つめていた。
呼吸をすることすら忘れていたかもしれない。起きたことを頭の中で再生し、少しずつ追いつこうとする。

土曜の午後の日差しが天窓から差し込み、水槽の中で反射し、その一部は割れた穴からわたしの指先にも届いていた。
水と空気と光が調和し、絶妙のバランスで支え合っている。少しでも動かせば、崩れる。
そう思ってふと息をつくと、ドポンと水が飛び出て小さな滝が生まれ、飛沫を飛ばしながら無垢の床を濡らした。